2011年02月17日

念願の。。。

2月3日の節分の日

お豆さんを食いっぱぐれた??viviさんのために

マイクのお母さんわざわざお豆を持って来てくれましたグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)



犬(笑)黒ハート


23-2-17-1.JPG


おいしいです黒ハート


23-2-17-2.JPG


これでviviさんも今年一年健康でいられそうですわーい(嬉しい顔)



マイクのお母さんありがとうHello顔(笑)犬(笑)

ニックネーム vivi姉 at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人間だけではない ペットも・・・

昨日のニュースに気になる記事がありましたメモ



それは<たばこ>人間だけではない ペットも受動喫煙でがんの恐れ




和歌山市の石丸動物病院に昨年6月、1匹の猫(オス、6歳)が運び込まれた。数日間エサをまったく食べないという。
体からたばこのにおいがしたため、副院長の石丸昌子さん(56)が理由を聞くと、
飼い主の自宅は美容院で、猫は灰皿を置いている待合室によく出入りしていたらしい。

 触診で腸のあたりに異物を感じたことから、
石丸さんは飼い主の承諾を得て体を切開。腸に複数の腫瘍を見つけた。
大きなもので1センチ。既に手の施しようがなかった。
病理検査で悪性リンパ腫と判明した。

 猫は食欲が戻らないまま、数日後に衰弱死。
検査では因果関係まで特定しなかったものの、
石丸さんは「受動喫煙の影響が大きかったのではないか」とみている。
飼い主は「たばこが動物にも悪いと知っていたら、待合室に入れなかったのに……」と肩を落とした。



長くなるので続きは右



有害物質、床近く滞留 「危険3倍」という事なので


ワンコ、ニャンコなどにとってどれほど危険なのかお分かりですよね爆弾




人は自分の意思で吸っているので自己責任で済むんでしょうがたらーっ(汗)たらーっ(汗)




特に小型犬、なかでもダックスのように鼻先が長い犬種は

鼻腔ガンの発症リスクが高まるそうですので要注意exclamation×2




可愛いワンコ・ニャンコの為にもご自分の為にも禁煙することを

考えてみてはいかがでしょう顔(イヒヒ)
ニックネーム vivi姉 at 15:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする