2009年05月15日

手作りホネ

今日はササミジャーキーを作ってみました〜顔(イヒヒ)

作り方は簡単ひらめき

@ ササミの筋をとり適当な大きさに切る

A フライパンで弱火で焼き目がつくまでじっくり焼きます

  ※油はひかずにexclamation

B お皿に移し電子レンジで1分加熱します

C 裏返してまた1分加熱

D BとCを完全に水分が抜けるまで繰り返して

あ〜ら簡単出来上がりるんるんるんるん


5-15-2.JPE

早速できたてを持ってお散歩へGOわーい(嬉しい顔)パンチ


5-15-3.JPE


5-15-4.JPE

ジャーキーがよっぽど美味しいのか呼ぶと

戻ってくるのがいつもより早いの顔(笑)


5-15-4.JPE


5-15-5.JPE


5-15-6.JPE

ササミ大〜好き犬(笑)黒ハート犬(笑)


5-15-7.JPE



最近のはるは痒くて喉をカキカキ

そしたらこんなになってしまいました顔(なに〜)

傷はもちろん毛が無くなっちゃった犬(泣)


5-15-8.JPE

薬を塗って傷は治ってきはいるんですが

月見草オイルを使ってみることにしましたぴかぴか(新しい)

治ってくれると良いんだけど顔(汗)


5-15-1.JPE




※月見草オイルには、必須脂肪酸であるγ―リノレン酸(GLA)が

豊富に含まれており、アレルギーを始めとする

皮膚のトラブルに使用されています。

必須脂肪酸は全身的健康維持、新細胞の成長に大切です。

また、炎症の調整に深く関係しているエイコサノイドが

含まれています。

このように体にとって重要な栄養素である必須脂肪酸は

残念なことに体内で合成することができないため

食事によって与えなければなりません。

必須脂肪酸の欠乏は貧弱な食事が原因となり

欠乏によって皮膚と被毛に反映されることがしばしばです。

また、吸収不良、及び肝臓疾患のような消化器系に

問題を持った動物にも必須脂肪酸の欠乏がみられます。

老齢犬は良好な健康状態を維持するために

多量の必須脂肪酸が要求されることが頻繁にあり

良好な食生活にあっても必須脂肪酸の欠乏の症状が現れ得ます。

必須脂肪酸は、かゆみと掻き傷の度合いを抑制し

アレルギーに基づく皮膚問題の解決に貢献する事実が

明らかにされています。

皮膚炎、脂漏及び皮膚感染のような二次的状況にも

有用であると思われます。さらに必須脂肪酸は

多種多様な他の共通疾患に対する治療としても利用できます。

これらの疾患として、心臓病、関節炎、癌、免疫組織疾患及び

腎臓病が含まれます。

ニックネーム vivi姉 at 22:11 | TrackBack(0) | ごはん&おやつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1735339
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック